疑問解決!離婚相談ならこの6サイト

ホーム > 離婚の相談について > 離婚相談したい内容も年代で違う

離婚相談したい内容も年代で違う

離婚を考える夫婦が優先的にすべきことには、慰謝料や財産分与の話し合いの前に、子供に関する諸々の決定事項、さらに対応策を講じることです。
何より、ある程度の年齢で離婚の意味が理解できる場合、丁寧に説明することは前提ですが、子供の精神面のケアも重要です。
子供の方が気配りし、我慢を強いられていることも少なくはなく、必要に応じてカウンセリングを受けることも大事です。
最近では心理カウンセラーへの相談対象もキッズにまで及んでいます。
子供のことを優先的に考えた相談ができ、中には、時期までも配慮した相談を教育機関でも行っています。
例えば、受験を控えていたり、就職活動に対しても、離婚する時期を遅らせることが提案されたり、また転校が伴う場合もあり、新学期が始まる節目、転校する学校側に相談しておくのも1つの手です。
また、一般的に親権と監護権は同じ親になることが多いものの、例外もあります。
親権に関しても、子供が未就学児であれば母親が権利を得ることが多いものの、年齢的、子供の意思を尊重するため、可能な限りは家庭裁判所あるいは弁護士事務所に相談するべきです。
子供の養育費の問題も同じで、支払いは義務化されているものの、その金額は子供の人数・支払う側の年収など、妥当となる金額があります。
また、滞納させないため、取り決めを公証役場に提出することを知る人は以外にも少ない傾向で、こうした内容にも携わるのが専門機関です。
精神的に傷つくこと、学校や近所からの目など、ありふれた生活が一変してしまう可能性も大きく、子供を中心に離婚問題を進める必要も大いにあります。


養育費は、子供がいる家庭にとって議論すべき協議事項で、何度も経験することのない離婚問題では、養育費の検討がつかないことの方が大半です。
一般的に子の成人が節目となりますが、子供の健康状態、親権者の生活能力や水準、子供の進学状況などを考慮し、任意で決めることになります。
ですが養育費の滞納、この点に関しては弁護士への相談が後々、安心できるメリットになります。
子の親権を持ち、養育費を受け取る予定でも、相手が守る甘い考え方を第三者の視点から指摘してくれます。
とかく、母子家庭世帯においては、養育費を滞りなく受け取っている世帯は意外にも少ないのが現実で、離婚前には滞納を防ぐため、手を講じる必要もあります。
家庭裁判所の調停・裁判で決める方法も挙げることができますが、子供の年齢によって相場は異なります。
子供の年齢が14歳以下、15歳以上で2万円ほど月の養育費に差が生じます。
養育費はアルバイトでの収入などが見込める年齢が加味されたり、教育計画に具体性がある場合、相場より高い金額を請求することも可能です。
しかし、根拠を主張するにも法的知識をもつ弁護士に介入してもらうのがよく、子供を育てていける金額を設定、請求する代理人となります。


最近では、自治体でも離婚の相談ができるようになり、若年層よりも熟年層からの相談が増加傾向です。
もちろん、第二の人生を歩むためのアドバイスに努めてくれますが、熟年離婚では想定以上の喪失感が大きいのも事実です。
精神的な負担も大きく、失って初めて気付く経験者の意見は少なくありません。
夫婦カウンセラーに相談できる窓口もあり、その人たちらしい生き方をサポートします。
例えば、数日間、相手と距離を置くために旅行を提案したり、試しに別居生活で様子をみるなど、様々な提案を行ってくれます。
また、いざという時に助けてくれる人の存在を確かめるケースもあります。
生活面で手助けが必要な時、特に熟年離婚ではシニア世代にとって、医療や介護の問題も生じます。
明るく、前向きなイメージもある離婚ですが、現実にはらむデメリットも第三者目線で指摘してくれます。
また、夫婦の財産を把握することも熟年離婚では重視したい点で、結婚前からの財産、親から相続した財産など、財産分与の対象に該当するのか、弁護士や不動産関連に強い専門家に相談するのは大事です。

次の記事へ

ホームへ戻る