疑問解決!離婚相談ならこの6サイト

ホーム > 離婚の相談について > 離婚の相談をどこにするべきなのか

離婚の相談をどこにするべきなのか

夫婦は十人十色で、また、離婚の原因も様々です。
他人が安易に足を踏み入れることによって、後悔した夫婦も少なからずいるため、経験者に相談するよりも、様々な機関に相談するのも手です。
世間一般には、仲のいい友人、父母や兄弟姉妹などに胸の内を聞いてもらうものですが、内容が深刻であるため、周りに噂が広まってしまう可能性も高い傾向です。
現在、離婚も珍しいことではなくなり、以前に比べると手軽に相談できる機関も多様化しています。
敷居の高い機関に尻込みしてしまいがちですが、無料で話を聞いてくれるケースは年々増加傾向です。
例えば、プライバシーは固く守られることを謳うのは、地方自治体です。
しかしながら、知り合いに出くわすことも考慮し、電話相談がオススメできますが、顔見知りが勤務していれば、他の機関を選択肢に入れるのが安心です。
離婚しないにしても、気の置けない友人などよりも、事前に第三者から客観的目線での判断を仰ぐことも一利あり、知人ではないから裏話もしやすいという利点もあります。
感情に任せた結果、泥沼になるケースも聞かれる問題点で、冷静な判断を付けられない場合にこそ、利用したい機関は増えています。


家庭裁判所へ赴くのも一利あり、基本、双方の話し合い・交渉に難が生じると、裁判で判決がくだります。
なるべく、裁判沙汰にならないように穏便に済ませたいもので、裁判所の職員はアドバイザーとなり、あれやこれや解決策を教えてくれますし、裁判になっても踏み切りやすさがあります。
また、離婚の意志が強固な場合には弁護士がオススメで、考えるべきは将来、離婚後のことです。
親権問題があれば養育費の問題もあり、明確な要望にはその道のプロを選ぶのが一番です。
財産分与なども含めて、特に女性側にとっては、経済的余裕がなくなると想定することが大事でもあり、どうすればいいか、的確なアドバイスをもらうことが可能です。
ですが、子どもの気持ちを優先することも謳っているのも実情で、両親が不仲でも、子どもにとっては精神的に安定する研究結果も報告されています。
先の経済的な問題を考慮せずに、その後、経済的に逼迫して後悔することも少なくはありません。
一人親世帯の貧困率も深刻で、専門機関でも成人を迎えるまで、親としての責務を全うした後、話し合うこともアドバイスしています。


浮気や不倫問題も含めて、探偵に依頼するのもポイントで、原因が配偶者の不貞行為である場合には、慰謝料の請求は必要ですし、浮気相手からも請求することが可能で、決して泣き寝入りはしない方に適した機関です。
証拠を掴むにも調査が必須で、確実・継続的などの不貞行為には、写真や映像など、裁判での証拠書類も必要となります。
慰謝料は傷つけた代償であり、養育費は親としての義務となるなど、いくら金銭感覚が乏しく、社会情勢が影響しても、不貞行為した側は支払う義務があります。
その他、単純な暴力のみならず、精神的に圧力をかけられるDV被害も少なくはありません。
加害者・被害者ともに自覚がない場合もあり、周りからの相談で発覚することもあります。
少しでも異常を感じた時点で相談できる機関を調べておき、知らせておくことも大事です。
特に、心療内科をチェックしておくことはオススメで、暴力性のある人の場合、性格を更生するにも数年を要することもあるからです。
家庭内暴力は命に関わるため、子どもがいる場合には引き離すことも必要になりますし、即時、手続きを進めることも大事です。

ホームへ戻る