疑問解決!離婚相談ならこの6サイト

ホーム > 離婚の相談について > 親権も得たい子育て世帯の離婚の相談

親権も得たい子育て世帯の離婚の相談

離婚の話し合いはスムーズに進むケースは少なく、後悔しないために、互いに納得するまで議論することは大切です。
必要であれば離婚弁護士を交え、結論が出れば、協議書を作成し、公証役場で手続きを行います。
子供がいる場合、理解していても夫婦の都合が優先されやすく、もちろんDV被害では離婚という選択肢以外にないケースもあるかもしれません。
子供が受ける影響を無視することは親権にも関わってくるため、配慮は必要です。
親に対して敬意を持つ子供に育てることは、親に相談できる関係を築くことに直結しています。
とかく、子供のためには、配偶者の悪口や陰口に気を付けたり、口論とならないことも大事です。
離婚の決定の裏にある様々な状況、これをどこまで子供に話すかという問題に対しては、心理カウンセラーに相談するのはメリットです。
チャイルドカウンセラー・家族療法カウンセラーは、子供の問題行動の背景、親の行動が子供に与える影響など、離婚に関する様々なデメリットをメリットに変える手助けを行ってくれます。


離婚で手放した親権を取り戻したい相談も、その道のプロに相談することで解決できるケースもあります。
子供の親権問題で揉めるケースは少なくはない実状で、一度親権を手放した理由を明確に主張するにも、弁護士が一役かってくれます。
裁判所を通して互いの話し合いの場を設ける調停で、話し合いが不成立になった場合、その決定権は裁判官に委ねられます。
親権問題の大半は、審判へ移行するパターンが多く、親権問題にも詳く、判例や培ったノウハウや経験で進めてくれるのが離婚弁護士です。
相談できる内容としては、相手に監護権を与えて親権を得るなど、共に暮らせるだけではなく、親権という権利のみを得たいなども可能です。
弁護士は、合理的な解決を優先させるため、相手に安心させる監護権を交渉の切り札として提案してくれます。
一般には、面接交渉権などで離婚後も子供と会えるものの、否定される場合もあるため、細かい条件を弁護士に相談しておくのは大事です。


月に何回、1回に会える時間、電話や手紙のやりとりが認められるものの、プレゼントや宿泊は否定されるケースも少なくはない離婚後のトラブルです。
家庭裁判所に調停の申し立てをしても、不成立となった場合に移行し、審判がくだります。
審判では、子供の福祉の問題も大きく、離婚したものの、自分が育てたほうが良い点として、親や兄弟姉妹など、周りからサポートしてもらえる充実さなどのメリットを探し、有利になる陳述書を作成してもらうのも大事です。
また、審判には自宅の中の様子もチェックされます。
弁護士と相談するのは、子供が住みやすい環境である点で、有利になる環境を作り、仕事の継続では周りからサポートしてもらえるのか、自分が子供をしっかり育てられる1点が大事で、親権を獲得する対策でもあります。

次の記事へ

ホームへ戻る